主にゲームに関する話題を取り上げる、チラシの裏的ブログです。


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ふくしゅう
2007-06-26 Tue 22:06
○月○日 くもり

今日のサ○ィ。

山積みにしてあったアイスキューカンバーが撤去され、
代わりにスヌーピーのフィギュアがオマケの通常ペプシが積んであった。
わずか二週間の命だなんて許せない・・・

                             
                - ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `   、
            /                丶
           / /       !     __,∠ ―┐ヽ
.          / //    l ヒ__ >'´{ {  _j   '
.            | /      ! Lニ<   〉ー「¨ヽ    !
           | /イ    /! !::::シ\/|  l  |     !
           |  l   /::j l:::::V彡|  |  l  |     l
              |  !  イ::  ::::::::::ヾ,|  |i  l  |     l
           |  ヽ / !::::::::::::::::::: │ |i  │ |     l
           l!     ノ        └_┘i └ ┘     l
            ノ .  (       T´          l |
           /ハ   `r‐r――y‐!ハ l    小  ハ |
        〃 ヽ/リヽ│ ∨N /. リ i !、   /ノ l / リ
              ヽ!   /   ヽj \// j/
                  〆  /    l |
                   〈/  /___l |
                /゙(>´     ヽス
                / ~^>       V \
.              ∠__//______fヾ \ズルズル ↓サ○ィ担当者
                 _ {_/     ヽ_j .     ̄⊂'⌒つ;´Д`))つ 



いや、普通のドリンクコーナーに大量に残ってましたが。
むしろ、まだ販売を続けてることの方がスゴイと思ったりw
一方、ベビースター付き烏龍茶は残りあとわずかでした。
なので、ついカッとなって(ry

070626.jpg


全六種類中、四種類ゲットできました。
あと食べてないのは、確かカニ炒飯と焼き餃子の二種類のはず。
誰か、幸運にも食べることが出来た方、感想を聞かせて下さいませ。


■トラスティベル進捗

プレイ時間のトータルが6時間くらいになりました。
Fateの初日のプレイ時間の半分程度です。
二章の砦を突破して少しいった所までしか進んでませぬ。

話的には、まだ当初の「そうだ、フォルテ城に行こう」という目的すら達成できてません。
途中、ビオラという弓使いが仲間になったのですが、自己紹介の時の
「わたしはビオラ」の「ビオラ」のイントネーションが気になったり。
(低)ビオ(高)という風に、尻上がりな感じだったのですが、普通、(高)オラ(低)じゃないですかね?いや、どうでもいいのですがw

あと、鉱封薬に関する下りで、ビートの台詞にフイタw
襲ってきた敵を退治した後、ビオラが「鉱封薬を使うと副作用で今みたいな風になる」て言ってるのに、その直後にビートが「(鉱封薬が)安く手に入るなら何も悪いことないじゃん」みたいな発言をしたのは、「牛肉に豚肉を混ぜた私も悪いが、安いのに飛びつく消費者も悪い」とのたまった某社長くらいありえないと思いますがw

とりあえず、今日も少しばかり進めてみたいと思います。
幕間で、言峰ジルバ等のレジスタンスの面々が出てきたので、少しテンションアップ。早くこやつ等を使ってみたいw
ちなみに、プレイした方はとっくに気付いているかと思いますが、ビートの必殺技で撮影できる写真、ボス戦のモノだと、ありえないくらい高い金額で売り飛ばせます
持ち金が10万近くまでいきましたw

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
2007-06-22 Fri 22:43
■フェイト/タイガーころしあむ 公式ページオープン
公式ページはこちら

キャラクター紹介は、藤ねぇが正式にエントリーされた以外は既出情報のみなので割愛。
・・・したかったのだけど、スゴイものを発見したので、やっぱり紹介。

セイバー紹介:
七騎のサーバントの一人(以下略

凛の紹介:
魔術の名門、遠坂家の後継者(以下略

桜の紹介:
「Fate/Stay Night」のメインヒロイン


【えっ?】

桜の紹介
Fate/Stay Nightのメインヒロイン


カプコン、【よくやった!!】
あの、人気投票で二回ともTOP3に選ばれなかったり、ヒロインで唯一、ファンディスクの初回版パッケージに出てこなかったり、レアルタヌアの特典テレカの絵柄に採用してくれたのがたった1店舗(しかもヘタレバージョン)な桜を、桜「だけ」をメインヒロイン扱いしてくれるとはっ!!
いやこれ、セイバーとか凛のファンから苦情くるのでわ?w

まぁともかく、アレだ、もうこの先何があっても絶対買います。
(というか、特盛すでに予約済みですがw)

で、肝心のムービーですが、OPテーマと思われる歌は、可もなく不可もなくといった感じ。ちょっとFateっぽくはない気もしますが。
キャラの動きは、まぁきびきび動いてるんじゃないでしょうか。通常攻撃とか回転攻撃くらいしか出てきてないのが残念。必殺技(せめてエクスカリバーくらい)見たかったのですが。
キャストは当たり前ですが、アニメ/PS2版と同じのようで。
ちょっと桜のキャラが変わってるように聞こえるのは仕様です。きっとメインヒロイン扱いされて喜んでるんです、はい。

と、ここでまだ公開されてないキャラのシルエットが出てますが、完全に判別できたのは葛木と慎二くらい、あとセイバーと桜にしか見えない別シルエットもあったので、セイバーオルタと黒桜も確定か。
なんか、カレンっぽいのもいるような気がするんですが、ホロウからもゲストキャラ出すんでしょうかね?

あー、なんかムービー見たら、ますます殺りたくなってきましたよ。
9月13日・・・待てん orz

別窓 | Fate | コメント:0 | トラックバック:1
火曜はサ○ィの特売日
2007-06-19 Tue 22:43
毎週火曜はサ○ィに寄るのが習慣化した今日この頃。

先週買った、一発ネタ用のためだけにこの世に生を受けたアイスキューカンバー、めっさ山積み状態でした。
この分だと、来週あたりは半額になってるかもしれません。

と、その横に置いてあった、サントリー烏龍茶にふと目がいきました。
なんかオマケ付いてる模様。私、こういうオマケ付きに弱いんです。
何が付いてるかというと・・・

ベビースターラーメン「麻婆豆腐」

頭の中で、言峰の「・・・食うか?」の声が響き渡ります。

私は・・・

 1:「食うかーー!!」
 2:「・・・それだけは、出来ない。」





→3:「いただきます」

買ってしまいました。
まぁ、普通に美味しいです。割とピリッと来るので、辛いの苦手な人はご注意を。


さらに店内を見て回ると、特売コーナーに山ほどのパンが。


07061902.jpg


100個くらいはありました。全部賞味期限が今日まで
どんだけ人気ないんだよ、オイ。
そして、なんでそんなモン買ってるんだよ、私は orz
夕飯はすでに食べてるので、さすがにコレは今食べる訳にもいかず、
明日の朝ごはんに決定いたしました。

さて、これからトラスティベルでもやりますか。
あ、昨日の補足というか訂正ですが、戦闘中のカメラアングル変更により、全体を見渡すことは可能でした。
欠点はソレしか解消されてませんが。というか、むしろ増えましたw

■ショパンの歴史挿入

各章のタイトルはショパンの曲名からとられてるんですが、各章の特定の部分までストーリーを進めると、ピアノ演奏にあわせて、その曲に関するショパンのショートストーリーが流れだします。
曲もいいですし、話も興味深いことは興味深いのですが、
内容が本編とまっっっったく関係ありません。
なのに、なぜ強制挿入しますか?w
コレ、明らかにデータベースか何かのモードを別に用意して、そっちで見せるべきでしょう。

ちなみに、今二章の初めの方ですが、話はあんまり進んでません。
まぁ、一章は操作に慣れるのを目的としたチュートリみたいなものだったので、これからに期待です。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
トラスティベル
2007-06-18 Mon 16:15
ここの所、非常に忙しかったのですが、
とりあえず修羅場は収束に向かいつつあります。
昨日はカルドのブック編集中に寝落ちして朝を向かえました。
そして、そのまま電源オフ・・って、保存してNeeeeeeeeee!!!!!

とりあえず、今週末からまたFFの方にも復帰できそうですが、
それより何より、折角ブックを組んだので、是非ともカルドサーガの対戦をやりたい所であったりします。
来週末あたり「素人の独り言主催:聖杯戦争杯」でも開きましょうかw


■トラスティベル ~ショパンの夢~

木曜にAmazonから届いてたんですが、忙しくてやる暇がなく、昨日やっとこさ2時間ほどプレイすることができました。

グラフィックは文句ないですね。
デザイン自体は好みが分かれるかもしれませんが、個人的には可もなく不可もなくといった所。
音楽も、さすが桜庭さん、といった感じです。
桜庭氏というと、ノリのいいロック調の曲を期待される方が多いようですが、このトラスティベルとかVP2みたいなオーケストラ調のゆったりとした曲も、中々のモノだと思います。

以上、ファーストインプレッションでした。




え?他に感想ないのかって?

いや、正直二時間程度プレイしただけじゃ、これ以上メリット上げられません。
ストーリーは、さすがに序盤も序盤なため、全く評価のしようがないのですが、P3やFateをやってた時に感じた「引き込まれる感」てのは、私の場合はありませんでした。
というか、あったら今頃ブログなんてそっちのけでプレイに没頭してますしw

問題はシステム回りです。

まず、イベント会話のスキップが無い点。
イベントそのもののスキップはあるようですが、セリフ単位で飛ばす、ということができません。
聞いてて眠くなる&大してハマり役とも思えない森本レオのナレーションとか、字幕をざっと読んで内容確認したらサクっと飛ばしたい所なんですが、残念ながら大人しく聞いてるしかありません。

次に、カメラワークが完全オートの点。
マップは仕方ないです。仕掛けとか、隠れた所にある宝箱を探す楽しみとかありますので。
問題は、なぜに戦闘シーンでもカメラ固定なのか、という点です。
このゲーム、相手の攻撃時にタイミングよく(チャンスという表示が出た時)ボタンを押すことによってガードができるのですが、
アングルによっては、デカブツの影から攻撃→モーションもチャンス表示も見えないでウボァてな事になってしまいます。
(一応、音が鳴りますが)

カメラワークといえば、レーダー表示等がなく、マップを見渡す、という機能もないため、そもそも敵がどういう配置でどこにいるのか、少し歩いてみないとわからない、というのも個人的にどうかと思いました。

*追記:マニュアルで確認した所、カメラの切り替えというのがある模様。これで上二つの問題が解決されればいいのですが・・・


あと戦闘システムですが、このゲーム、しばらく戦闘をしていくと、突然戦闘システムが変更になります。
具体的には、最初は、移動や攻撃/アイテムを使用する度に「アクションゲージ」が減る/操作していないときはゲージはそのまま、という仕様になってるんですが、これがしばらくすると、「一度操作を開始すると、何もしなくてもゲージが減っていく」仕様に強制的に変えられてしまいます。
マニュアルを見ると、必殺技の装備数が増える、連携のようなものが出来るようになる、というメリットも増えてくるらしいのですが、
これ、強制的に変えてしまう(しかも前のシステムに戻せない)のはどうかな、と思います。
時間周りに関しては、FFのアクティブバトルON/OFFのように、ユーザー側が選択できるようにして、連携とか反撃は、最初から実行可能にすべきでしょう。
序盤、敵の思考ルーチンが大馬鹿&種類が少なすぎるのもあって、単に移動→攻撃/必殺技連打だけになってしまい、ダレてしまいます。

と、現状(´・ω・`)ショボーンな感じですが、もう少し進めてみれば、また違った印象を持つようになれるかもしれません。
特にストーリーとかはまだまだこれからですしね。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
飲むか?
2007-06-12 Tue 21:58
ついカッとなって買ってしまった。反省はしている。

070612

↑PEPSI ICE CUCUMBER(アイスキューカンバー)

パッケージに記載されている説明によると、

「キューカンバーとは英語でキュウリのこと。
コーラとキュウリ、驚きのコンビネーションの爽やかなコーラ!」

とのこと。

確かに、驚きのコンビネーションという点に偽りはないですな。
普通、やろうとすら思いません

で、早速飲んでみたんですが・・・

雑 で し た orz

いや、はじめから美味しそうと思って買ったわけではないとはいえ、
これは予想のはるか斜め上を逝く味わいでした。
というか、何ですか、このカブトムシが喜びそうな後味は

そして、原材料を見てビックリ。

原材料名:
 果糖ぶどう糖液糖
 香料
 酸味料
 保存料(安息香酸Na)
 カフェイン
 着色料(青1、黄4)

キュウリ入ってないし

いや、入ってたら、それはそれで今よりもっと悲惨なことになりそうなので、入ってなくて全然構いませんが。

ちなみに、近所のサ○ィで一本90円でした。
定価で買ってたら、きっと黒化して、ペプシ本社にクスクス笑いながらゴーゴー、てな感じになっていたと思います、はい。

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
逝くぞ転売ヤー、限定版の貯蔵は十分か?
2007-06-11 Mon 00:53
Amazonでタイガーころしあむ(限定版)の予約が始まりました。
15%オフなので、7000ちょいで買えますな。
というワケで、早速予約ぽちっと。

って、あの中身&値段で、ゲーム全体ランキング現在6位なんですが・・・w
中身のこと良くわかってない転売ヤーが予約してるんでしょうかね?
高確率で乙ると思いますがw


さて、早いもので「タイガーころしあむってどうなんよ?」も第三回となりました。
多分最終回の今回は「デフォルメとPSPという選択」に関してです。

あくまで個人的な意見ですが、この「デフォルメ+多人数対戦型アクション+PSP」という組み合わせは正解だと思っています。

といっても、デフォルメされたキャラに関しては、下手に「リアル等身だけど、なんかキャラ変わってね?」と感じてしまうデザインになるくらいなら、初めからデフォルメ化してくれたほうがマシ、という程度の考えですがw
いや、花札やってましてね、どうにも「この画風はちょっと・・・」と感じてしまう所がありましたもので。弓凛とか、弓凛とか、あと弓凛とか。
弓はまだしも、凛は濃すぎやしませんか?と感じるのは私だけでしょうかw
逆に、セイバーは薄杉

次にジャンルですが、デフォルメされたキャラという選択肢が選ばれた時点で、メルブラのような格ゲー路線はアウトだと思います。
(もっとも、完全なネタゲーと割り切ってしまうなら、この限りではありませんが)
パズルゲーやボードゲームという選択肢はまだマシだとは思いますが、パズルゲーは一回起動したらあとは封印→売却のコンボが間違いなく成立することが予想されます。
ボードゲーム系は・・・アレ?結構いけそうカモ。てか、カードゲーム系とかも良くね?なんて考えが、今になって沸き上がってきましたw
まぁ「原作のバトルロイヤル感」にスポットを当てるというのが目的のようなので、それならば対戦型のアクション以上に相応しいジャンルはないでしょう。

最後にハードに関してですが、フィールドを縦横無尽に駆け巡る多人数対戦型アクション、という時点でPS2は除外です。画面分割ではやってられません。
また、今作はフルボイス仕様のため、天下のDSもダメでしょう。詰め込んだ所で、グラフィック/ボイスの劣化はおろか、キャラ削減という方面まで言ってしまいそうです。
あと、純粋にボタン数足りなくないですか?あのハード。
メディアの容量に優れ、画面分割せずに多人数対戦が可能なハードは、あとPS3、Xbox360、そしてPSPとなるわけですが、
PS3と箱はいくらなんでもオーバースペックでしょうw
となると、消去法で最後に残ったのはPSPというわけです。
デフォルメされたキャラなので、小さい画面でも表情や挙動は十分見て取れますし、どこでも桜を持ち運べるプレイできるという利点もあります。

また、昨年発売されたメタルギアの用に、メーカーがやる気を出してくれれば、公式に通信対戦も可能となり、世界中のマスターやサーバントたちと好きなだけ対戦に明け暮れることも可能です。
まぁ、コレに関しては望み薄なので、MHP2の用に、Kaiでプレイできる事を祈りましょうw


以上、最後まで乱文に目を通していただき、ありがとうございました。
次回以降はまた別の話題を扱う予定です。今週、トラスティベルとか出ますしね。

そういえば体験版まだやってなかった

別窓 | Fate | コメント:0 | トラックバック:0
このメーカー容赦せん!
2007-06-09 Sat 09:48
今日のタイトル、元ネタ分かったアナタはステキすぎます。

てか、先日の「ネタブックを~」は、かの有名なアーチャーの台詞からとったつもりだったんですが、思いっきり逆だったことに今更気付きました・・・
(正しくは、「時間を稼ぐのはいいが、別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」でした。)

すみません、ちょっと理想を抱いて溺死してきます・・・ orz


■タイガーころしあむ「特盛限定版」の情報公開
詳細記事はこちら

シークレット部分はドラマCDでしたか。
価格はちょっと予想の斜め上を行く、通常版+3000円程のようで。
ドラマCDの内容次第とは言え、正直ちょっと高いですね。
まぁ、買うわけですがw

あと、藤ねぇ主役といっておいて、パッケ絵がセイバーオンリーなのはどうかと思います。
まぁ、買うわけですがw


というわけで、前回の続き、タイガーころしあむってどうなんよ?でございます。
今回は開発担当のキャビアに関して少々。

以前にこのブログでも何度か取り上げた、バレットウィッチ(Xbox360)以外に、ドラッグオンドラグーンシリーズやヤンガスの不思議なダンジョン(いずれもPS2)なんかの開発に携わっています。
各作品の販売元を見てみると、スクエニやバンナム、コナミ等、色々なメーカーの名前が挙げられています。
カプコンとも、「BEAT DOWN」(PS2/Xbox)という作品で、過去に一度関係があったようです。

私はバレットウィッチだけプレイしたことがありますが、実際にやって「コイツら、楽しんでゲーム創ってやがるなっ!!」って感じました。
そのことは、公式HPのブログを見てもらえればよく分かるかと。
バグ満載、売ったモン勝ち、問題点は全部「仕様です」なぶっとびメーカーが多い中、「作り手の側の自分たちも楽しみながらゲームを作る」ことができる連中の存在は本当に貴重かと。

無論、バレットウィッチは販売元が親会社(のようなもの)だったため、かなり好き勝手にやれたということもあるでしょうし、ブログを見る限り、会社の規模は小さいとは言え開発チームは一つじゃないでしょうから、完全に別チームになると「これ、どこの合体事故で出来た麻婆だよ?」な出来の危険物が誕生する恐れも無きにしも非ずですが。

とまぁ、毎度ながら要領を得ない文章になってしまいましたが、
要は「コイツらなら、きっとファンが楽しめる作品を作ってくれる!」と期待している次第でございます。

別窓 | Fate | コメント:0 | トラックバック:0
タイガーころしあむって、どうなんよ?
2007-06-08 Fri 02:33
なんか、某サイトのくねくね(ryみたいなタイトルですがw

と、話に入る前に、アクセスログを見る限り、結構外部の人の目にも触れているようなので、昨日のコメントの言い訳を。
私は身内に対してめっさ気が短いです。
意に反する事があると、内に秘めずに普通にガンド弾連射の如く自身の気持ちをぶっぱなします。
で、昨晩は某所のスレでも同じような話題が繰り返されてたのを目にした後で、コメント欄を目にし、「キサマもか、Foooooooooow!!!!!」となってしまい(以下略

なので、初対面の人や、知り合って間もない人には、余程の事がない限り昨日のようなレスはしませんので、誤解なきようw

そして、答えにくい質問に律儀にレスしてくれてありがとうw >F


話を戻しまして、「フェイト/タイガーころしあむ」ですが、各所で辛口な反応が多く見受けられます。
確かに、昨今の美麗なCGを見慣れているユーザーからすれば、「何この手抜きグラ。エイプリルフールネタか何かですか?」と思われるのも無理はないと言えます。
ストーリー部分に関しても、本編とは完全に独立した、コメディ色全開のオリジナルストーリー(のはず)ですので、Fate本編の体験者、特にレアルタヌアのみプレイ経験のあるユーザーからも「何この公式同人ゲーはw」という風に見られてしまいやすいでしょう。

実際問題、このタイガーころしあむは、Fateの流れを汲む作品としてふさわしいと言えるのでしょうか。
専門知識皆無なド素人の私の考えを、以下述べたいと思います。


まずFateの歴史を簡単にまとめますと、

04年:Fate/stay night発売(PC)
05年:Fate/hollow ataraxia発売(PC)
06年:Fate/stay night放映(アニメ)
  :Fate/Zero発売(小説。07年6月現在2巻まで発行)
07年:Fate/stay night[Realta Nua]発売(PS2)
   限定版同梱「とびだせ!トラぶる花札道中記」(PSP)

という感じになっています。

ベースとなる「stay night」ですが、これは第5次聖杯戦争をテーマに、異なる時間軸の3つの話を扱った内容となっております。
(アニメ版は、ゲームの「Fateルート」をベースに、一部他2ルートの内容を取り込んだものとなっているようです)
しかし、いずれの話においても、これ以上冬木市において聖杯戦争は勃発しない結末しか残されていません。

そのため「マスターとサーバントの話」という、Fateの肝となっている(と私は思っていますが)部分をメインに据えたまま続きを作るとしたら、第五次の別の時間軸の話にするか、過去の聖杯戦争の話にするか、全く本筋とは関係のないパラレルな世界観にするか、の三つしかありません。

第五次の別の時間軸に関しては、構想段階では存在してたようですが、大人の事情により割愛されたようですし、過去話はすでに小説の方で扱われているので、選択肢としてパラレル系しか残されてない訳です。

実際、その後に発売されたファンディスク「hollow ataraxia」は、stay nightのいずれの時間軸とも異なる世界観におけるコメディものです。
一応シリアスな本筋もありますが、8,9割はコメディ要素と言えるでしょう。
本編ではあまり日の目を見れなかったキャラの活躍や、意外なキャラとの掛け合いを楽しむのがメインです。

この「同人二次製作作品の公式版」とも取れる内容は、Fate本編を体験した誰しもが楽しめる、というものではないかもしれません。
(シリアスな世界観が崩れる、というのは紛れもない事実ですし)
が、「マスターとサーバント」にスポットを当てる方法としては、これは一つの正しいあり方だと私は思っています。
マスター、またサーバント同士の日常に見られる、想像していた通りの反応、意外な一面などを通して、親近感や愛着が沸いてくる訳です。
(まぁ、悪く言えばキャラ燃え(萌え)至上主義といえるかもしれませんが・・・)

この点、タイガーころしあむのキャラ毎のストーリーを見てみますと、本編では言葉がしゃべれなかったバーサーカーが会話できるようになったらどうなるのか、とか、持ち場を離れられないアサシン小次郎が自由に動けるようになったらどういう行動をとるのか、といったifを扱っている点で、期待を持つことができます。(さすがにセイバーはらぺこネタは、マンネリ感をいなめませんが)
いや、ものすごく個人的な意見を言わせてもらえば、桜がプレイヤーキャラとして出てる時点で、もう個人的にオールオッケーなんですがw

と、かなり長くなってきてしまったので、今日のところはここまで。
また次回、別の点に注目してみたいと思います。

別窓 | Fate | コメント:0 | トラックバック:0
うおーん
2007-06-06 Wed 20:57
img070606


長年愛用していたディスプレイの調子がすこぶる悪くなってきたので、新しいのに買い替えました。
15インチワイドから21インチワイドになって、めっさ画面が見やすくなりました。
あと、pip機能も付いているので、PCで作業しながらゲームもできるという便利さ。
(右下のHeaven's FeelのOPがpip画面です)

大きさの比較用に、桜のフィギュアと、最近出たコカコーラゼロのペットボトル(500ml)を置いてみましたが、どれだけデカいかお分かりいただけるでしょうか。

フィギュアが、ではなく画面が


■フェイト/タイガーころしあむのバトルシステムが判明

http://www.famitsu.com/game/coming/2007/05/26/104,1180114892,72344,0,0.html

連ザ等「vsシリーズ」風のシステムのようですな。
大きな違いは、敵を撃破して戦力ゲージをゼロにするのではなく、撃破した敵に設定されているコスト(タイガーポイント)を持ち点として獲得、時間終了時点でもっともポイントを多く獲得していた人の勝ち、という点でしょうか。
記事を見ると、セイバーのタイガーポイントは9、桜は3。
つまり、セイバーがガンダムだとすると、桜はアッガイですか?


気になる登場キャラ数は、この記事のSSだと16人、以前某雑誌に載ったSSでは21人と記載されていたことから、

マスター(+α):士郎イリヤ、言峰、葛木、慎二、虎
サーバント:セイバーアーチャーライダーランサーキャスターアサシン(小次郎)バーサーカー、金ぴか

で、16人(太字は操作可能なのが確定しているキャラ)
後はセイバーライオン等隠しキャラ(公開してる時点で隠しでも何でもない気もw)が5人、といった所でしょうか。


それにしても、この記事を見て思ったんですが、

バーサーカーがめっさラブリー

そしてデカい。他のキャラの二倍はありますがw
あと、今回虎聖杯の影響で普通に言葉をしゃべれるようになったことで、バーサーカーが各キャラに対してどういう感情を持っていたかが明らかになるのは楽しみですわw

別窓 | Fate | コメント:3 | トラックバック:0
ネタブックを創るのは構わんが、別に勝ちを狙いにいってもいいのだろう?
2007-06-04 Mon 21:12
先日、ようやくカルドサーガのカードを全種コンプしました。
確か有料ベータ版の発売日が11月末だったので、
半年以上かかった計算になります。
もっとも、最初の一ヶ月と、パッチ2種が適用された後の一ヶ月、
計二ヶ月程度しかプレイしてなかったワケですがw
セーブ直前にフリーズという、回避不能の即死コンボが何度もあったので・・・w

とりあえず、前回の記事のコメントで「Fateをテーマにしてブックを作れ」と令呪による命令を受けたので、1つ完成、もう1つ現在構築中な段階です。
令呪を使われなくても自発的に作っていただろうという的確なツッコミはご遠慮下さい。

ここで少し作成したブックの内容をご紹介。

・セイバー→ソードプリンセス
先制&呪文によるダメージを受けない&黒いバージョンに変身できると、申し分のない内容で即採用。

・バーサーカー→グラディエーター
見た目がソックリ。そして強打持ち。
ストームコーザー(ST+60/HP-30)とあわせて使えば、属性クリーチャーに165ダメージで木っ端微塵ですよ。

・ライダー→メデューサ
まんまですなw
暗黒神殿も再現可能できるので◎。ちなみに、鮮血神殿と騎英の手綱も某スペルカードにより再現してたりします。

・士郎→アベンジャー
グラフィックが二刀流&逆境に立たされると主人公補正が入る、という点で採用。(一応ホロウネタ繋がりでもありますw)
ちなみに、このブックはHeaven's Feel系で固めているので入ってませんが、もう一つのブックの方では無限の剣製も再現してあります。

・凛→フェイ/桜→フェイト
桜は、魔力吸収能力のあるウィッチと迷ったんですが、
イメージカラーが赤な凛と対極の存在として、水属性のフェイトをチョイス。
ウィッチは、別ブックでキャスターとして再利用してたりします。

以上、さらしても試合展開にさほど影響の無い部分だけ紹介してみましたw
スペルカード等のコンボ部分は、ネタがバレてると終了してしまうので、やってのお楽しみ、ということでw


最後に、Fate系の情報で締めくくり。

■フェイト/タイガーころしあむ

9月13日に発売決定したそうです。
販売元はカプコンで、製作はバレッチのキャビアと、
個人的に割と期待していいんじゃね?的な布陣だったりしますw
限定版は、PSPケース、設定資料、クリアポスターと、あと一つはシークレットになっていました。
通常版が5000円ちょいなので、限定版は大体7000円くらいかなと予想。

最大4人対戦が可能な、バトルロイヤル形式のアクションとのこと。
デフォでネット対戦は望めなさそうなので、Kaiでプレイできればいいのですが・・・

別窓 | Fate | コメント:0 | トラックバック:0
| 復刻 素人の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。