主にゲームに関する話題を取り上げる、チラシの裏的ブログです。


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ずっと俺のターン!!・・・…が回ってこない orz
2008-06-29 Sun 10:01
超が付くほど久々に、フレとカルドサーガの4人戦をやってまいりました。
事前に目標魔力12000でカニンガンということが知らされていたので、早速ブック編集。



を、してたんですが、ふとブック一覧の一番上を見てみると、昨年末にFateUC発表記念にと作ったネタブックがあるのが目に留まっちゃったワケなんですね。
ちょうど先週から稼動開始してたので、これは時期的に最高の披露の機会じゃね?と思い、FateUC記念「ヘブンズフィール」で参戦することにいたしました。

が、この日の面子が、(某MMORPGでのキャラ名の頭文字で表記させてもらいますが)


A(私):Heaven's Feel(桜ルート)をコンセプトに、色々なカードの闇鍋状態なネタブック。「ネタブックを使うのは良いんだが…別に、勝ちを狙いに逝っても構わんのだろう?」(それは聖杯でも無理な望み)

F:クランプ/ディビリティでSTを削ったり、スカルプチャーで色々石像化させた後に、ウサ公/月光で反転衝動起こさせて除去するブック。

E:ベル焼き。余談だが、カニンガンはエリアが1つしかないので、当初私もコレ系のブックを考えていたりするw

M:水風のスタンダードなブック。カード資産が増えてきたのと、ある程度試合こなしたこともあって、一部何でこんなの入ってるんだよ的なモノもあったものの、わりとブックとして形になってきたとは思う。


と、4人中2人が場を支配するコントロール型だったため、ブックが一周するまでにほとんどの土地がレベル1のままという、何とも愉快な試合展開になりましたw

さらにキツかったのが、なぜか買ったばかりの(ずっと放置してた)ヘッドセットの調子が悪く、なんとか向こうの会話は聞こえるものの、こちらの声は届かないという、コレなんて放置プレイ?状態で試合しなければならなかったのも、個人的には辛かったですw
ていうか、箱のヘッドセット壊れやすすぎじゃね?って感じなんですがw

ちなみに、今回の面子でFateをプレイしたことがあるのはEだけで、FはEがやってるのをちょっと見てた程度だったため、私がカードを引くたびに「コレ、ネタ的には何のカード?」とEに聞く場面が度々ありました。
そして、それに対するEの回答に「そうじゃねーっっ!!!!」と一人むなしく叫んだりしておりましたw


とりあえず、ここで私のブック構成をご紹介。
実はこのブログ、某HP内のコンテンツだったりするのですが、HPはこのブログ以上に更新が滞っている廃墟なので、あえてリンクは載せませんが、フレーバーテキスト入りで今回のブック構成が紹介してあったりします。
ので、関係者各位はそちらをご覧下さいませw

■ クリーチャー
・無
アーチビショップ:アーチャー(ただ名前が近いというだけ)
ポゼッション:サーバント奪取(セイバーとかバーサーカーが黒化したアレです)

・火
アベンジャー:士郎(アーチャーじゃねぇwww 主人公補正があったり、腕が片方変色してたりしたので採用。ちなみに今回結構活躍してました。ダントツビリでしたしねw)
グラディエーター:バーサーカー(これはすんなり理解していただけたみたいで。十二の試練を再現するため、MAXの4枚投入)
フェイ:凛(あかいあくまの異名から。赤系で魔術師っぽいのがコレしかなかったので)

・水
フェイト:黒桜(凛の対抗属性から何か出そう、ということで、一番イメージに近かったコレを採用。カードをどんどん引ける=魔力が無尽蔵という強引なこじつけもあったり)
スワンプスポーン:ワカメ慎二(これはちょっと連想するのは難しかったかw ホーリーワード0が慎二らしい姑息さが出てていいかなと思ったんですがw)
シーボンズ:黒桜の影(あのぬぼーっとした感じがどことなく似てない?w)
メデューサ:ライダー(まぁ、本人ですしw)
ブックワ-ム:アレな蟲(まぁ、本人(ry)

・地
サクヤ:桜(アーチャーと同じく名前似てる系。)
ネクロマンサー:臓硯(「アンデッド…キャスターの骨召還?」まで思いついたのなら、そのキャスターの死体が操られていたシーンがあったことを思い出して欲しかったw)
ワータイガー:藤ねぇ(出番が序盤だけな点もポイント高し)

・風
ソードプリンセス:セイバー(魔力に耐性がある、動きがすばやい、と結構共通点あったんだが、「これ、コンセプト関係なく趣味でいれてねぇか?w」と言われたのは想定外w)
スレイプニル:ライダーのペガサス(騎英の手綱の関係で、ペガサスよりこっちのが近いかなと。)
アサシン:真アサシン(マジボは妄想心音のつもりだったんだけど、さすがにわからなかったかw あれで射抜いてアサシンの能力発動って、最高に再現度高くね?と、思いついたときは興奮してたんだがw)

■アイテム
オーラブレード:アゾット剣(宝石剣ゼルレッチでも可。イベント的にアゾット剣の方が好きなのでそちらのつもりでw)
ストームコーザー:射殺す百頭(「ギルガメの宝物庫にあるんじゃね?」とか言ったら何でもありになるから、それはないですw)
スペクターローブ:天の杯(ラストにイリヤが着てた礼装。あまりに出番がなかったので、ここで再現w)
トンファー:千将&莫耶(これは無理があったか(コレだけじゃないけどw)二刀を表現したくて入れてみたんだが)
ナイトシールド:熾天覆う七つの円環(セイバー(のつもりのプリンセス)のSTが40なので、それを防げるという点で採用。)
ボーパルソード:約束された勝利の剣(破壊力的にこれが最適かと)

■スペル
長くなりすぎるので、主な奴のみ。

キャプチャー:投影魔術(絵が士郎っぽい?までいったら、ここまで推測して欲しかったw)
シュリンク:心臓の蟲を引っ張り出した黒桜(絵の構図的に最高の再現度だと思ったんだけど、全く反応なくて悲しいw)
ディスペル:ルールブレイカーを桜に使用(これも上に同じw)
ブラックアウト:アンリ河豚爆発(ちなみにシーン名は「ブラッドアウト」だったりする。ちょっとディープすぎるネタでしたw)


とまぁ、こんな感じなので、普通に勝てるブックでないことは十分ご理解いただけたかとw

侵略力に関しては、アベンジャー・グラディエーター等がいるのでそれなりですが、防衛能力のある奴がほとんどおらず、拠点に出来るのはせいぜいアームド化したプリンセスと、ミューテーションでMHP上げたシーボンズ(あとフィストファイトかけたトラw)くらいという有様。

なので、狙いとしては、侵略クリで場を荒らして進行を遅延させつつ、ポゼッションで風土地に配置されたよさげなクリを土地ごと奪ってプリンセスを中心とした連鎖を構築し、ネクロマンサーの能力でお亡くなりになった猛者を引っ張って援護よろ、という流れになります。
そして拠点守るためのアイテムも、投影魔術でバクってくるという、やっぱり他力本願なブック構成。

で、実際どうだったかというと、真横にいたのが属性反射のオオカミだったり、隙を見て侵略しようとしていた土地の守りが、実はST40以上無効なネコだったりと散々だったワケですがw


試合の方は、先に頭一つ抜き出たEの拠点の壮絶な奪い合いの末、うまい具合に拠点を奪取して足勝負で勝利したMが見事優勝を果たしました。試合時間は4時間程。なげーw
次回は、もうちょい勝ちを狙いにいけるブックで挑戦したいと思います。

…今度はUBWルートだなっ!
スポンサーサイト
別窓 | カルドセプト | コメント:0 | トラックバック:0
劇場版 空の境界 殺人考察(前)
2008-06-24 Tue 22:57
明日発売のはずなんですが、なぜかAmazonが本気出してくれたので、今日手に入れることができましたw

殺人考察(前)は、原作からして繋ぎの短めな話(時系列的には一番最初ですが)で、アクションシーンもほとんどないので、地味な印象が強いですが、クオリティ自体は相変わらず高かったです。
秋隆がイメージしてたよりも若くてナイスガイだったのがちょっと意外だったくらいで、概ね原作の雰囲気を忠実に再現してくれてたと思います。

次はいよいよ前半の山場となる痛覚残留なので、今からwktkして待つことにします。
別窓 | 空の境界 | コメント:0 | トラックバック:0
RPGな夏
2008-06-23 Mon 17:59
知人から、たまにはカルドやらないか?というメールが来たので、およそ4ヶ月振りに箱起動。
結局、具体的なところまで話が進まなかったために流れちゃったのですが、ちょうど起動したタイミングでテイルズの体験版が配信されてたので、落としてやってみました。

音楽やグラフィックの雰囲気が、どことなく某人物の夢を思い出させてくれました。
システムとか操作形態の説明が一切無かったので、適当に通常技連打してから特技につなげるという、まさに「コレ、なんてショ○ン?」状態だったので、より一層にw

もっとも、こちらの戦闘は敵味方が全員同時に動くリアルタイム進行(仲間はオート操作)で、自分が武器振って攻撃してる後ろから仲間の詠唱が聞こえてきて魔法が飛んでくる、なんていう臨場感のある戦闘が楽しめるので、○ョパンとは雲泥の差があるわけですがw
ボスっぽい敵の所までいったところでフルボッコにされて終了してしまったので、後で操作方法とかをネットで確認してからリベンジすることにします。

まぁ、ストーリーはともかく、戦闘は楽しめそうな内容でしたので、今まで全く気にも留めていなかったものの、もしかしたら買うかもしれないという感じです。
にしても、ここに来て購入予定・検討ソフトが増えてきてしまい、ちょっと困ってます。


6月
▲剣と魔法と学園モノ。

7月
◎ペルソナ4
▲ソウルキャリバー4

8月
△テイルズオブヴェスペリア

9月
○インフィニットアンディスカバリー


ととモノはとりあえずパスの予定。後で時間が出来たときに覚えていたら買おうかな程度。

ペルソナは、当初今回のデザインは微妙じゃね?という印象を受けたんですが、ムービー見てるうちにやる気ゲージが上昇してきてしまいましたので購入確定。既に予約済みです。

ひとつ飛ばして、今回の体験版プレイして、ちょっと欲しくなったのがテイルズ。
戦闘システムが把握できて、楽しそうであれば購入するカモ。

そして、ペルソナとテイルズのとばっちりを受ける形になったのがキャリバー。
まず間違いなくキャリバーまでにペルソナが終わるハズない上、その後テイルズまで入ってくることになるとしたら、プレイする時間がありませんw
なので、少し待って安くなってから購入することになりそうな予感。

最後のインフィニットアンディスカバリーは、予約はしてないものの、現状では買う方向にアリという感じです。
できれば7-8月あたりに体験版配信して欲しいところですが。

別窓 | ゲーム全般 | コメント:0 | トラックバック:0
募 集 中
2008-06-14 Sat 21:43
いつものことですが、大分間隔が空いてしまいました。
そして間隔が空いた割りに、特にネタがストック出来たワケではない悲しい事実。

メルブラですが、まだロビー対戦やってなかったりします。
というか、某所のロビースレの中身とか、実際にロビーでコメント欄に「初心者狩りしかしません。弱い奴には舐めプ(舐めプレイの略らしい)します」とか平然と書いているアホを目にしてしまうと、さすがにやる気がそがれますってw

それでも対戦自体を諦めた訳ではなく、もっともっと事前準備をしておこうと練習内容を変更しただけなんですが、その変更内容というのが、「全キャラの基本的な動きを練習すれば、相手が何を狙ってくるのかわかるんじゃね?」という、間違ってはいないものの、間違っているような気もする、自分でも言っててよくわからないことになっているわけです。

とりあえず、秋葉以外の遠野家のメンツ(志貴、翡翠、琥珀、ヒスコハ)+アルクを触ってみた所、

志貴:これ、投げ以外でどうやって相手のガード崩すんですか?
翡翠:同じく崩す手段がなさげですが、固める手段は豊富そう。そしてコンボは一番やりやすかった。
琥珀:起き攻めはかなり強そうな感じ。ただ火力低いので、何度も読み勝たないといけなさそう。
アルク:基本コンボの膝コンの難しさに泣いた。それだけに成功したときの感動はデカい。

…確かにどんなキャラなのか理解できることはできますが、激しく効率が悪い予感。
そんな非効率的なことをやっている私に、「○○はこういうキャラなんだよっ!身をもって味わえ!!」という指導を行なってくださる心の広い方がおられるようでしたら、ぜひコメントくださいませ。
こちらのIP載せますので、直接対戦による指導をお願いします。
また、自分も最近始めたばっかりなんだけど、ともに高みを目指さないか?という方の対戦も大歓迎です。

なお、試合の様子はリプ記録し、後日当ブログ上で公開する可能性もありますので、予めご了承下さい(イヤな場合は言ってくださればアップするのは控えます。リプは研究のために録りますがw)


これだけではアレなので、秋葉講座番外編を。
以前にも紹介した、エリアル〆をダッシュ投げにするに関しての補足です。

操作自体は複雑ではないものの、最初の内は中々成功しないですよね。いや、私だけなのかもしれませんがw
失敗する理由として考えられるのは、

・投げ入力が速すぎる
・同時押しがしっかりできていない
・高度があっていない

だと思うんです。

最初の入力が速すぎるに関してですが、地上はちょっと確認してないんですが、空中ダッシュは出始めに入力を受け付けない時間が若干ながら存在しています。
これはジャンプ移行時も同様です(移行までに4フレーム必要)。このシステムの関係で、低空鳥のボタン入力が5フレーム以降じゃないとダメなわけですね。
で、話を戻しまして、ダッシュ後も同様の入力受付不可の時間があるので、気持ち一瞬ずらしてから入力をするとうまくいくはずです。

二つ目はEボタンを使えば解決する気がしますので省略でw

最後の高度が一番問題になるのではないかと思います。
が、高度がズレている=相手が高く浮きすぎているということなので、解決方法としては、「相手が浮きすぎないようにする=ともかく最速でエリアルを繋げていく」ということしかありませんw
果たしてコツといえるのかどうか激しく疑問ですが、これを意識してやると、ダッシュ空投げの成功率は格段に上がると思います。

…念のため言っておきますが、私と同レベルの人の話です。中級者以上の方は「そんな時代もあったなぁ」程度に読み飛ばしてくださいw
別窓 | メルブラ | コメント:0 | トラックバック:0
| 復刻 素人の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。