主にゲームに関する話題を取り上げる、チラシの裏的ブログです。


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パズルクエスト アガリアの騎士
2007-10-14 Sun 21:00
以前、某ブログで紹介されていた時から気になっていた、「パズルクエスト」というゲームがXboxLiveで配信されたので購入してみました。


SIMPLE2500シリーズ Vol.11 THE パズルクエスト~アガリアの騎士~ SIMPLE2500シリーズ Vol.11 THE パズルクエスト~アガリアの騎士~
Sony PSP (2007/09/27)
D3PUBLISHER
この商品の詳細を見る
*↑はPSP版です。

http://www.d3p.co.jp/p_quest/index.html
公式HP(PSP版とDS版の画面写真しかありません。)

シンプルシリーズと侮ることなかれ、元々は米国のフルプライス作品なので、ボリュームは十二分にあります。
先月PSP版が既に発売されており、今月末にはDSでも発売されます。
どの機種にも一長一短ありますが、それはまた後程。

ゲーム内容ですが、一言でいうと「戦闘部分がパズルゲームなRPG」です。
RPG部分はTRPGテイストになっており、自キャラを作成してストーリーを追っていくスタイルになっています。

選択できるクラスは以下の4種類です。

・ドルイド:間接魔法が得意。
・ナイト:回復魔法が使える。取得経験値が多い。
・魔術師:攻防様々な種類の魔法が使える。
・戦士:攻撃力が一番高い。
*各クラス毎に4種利の顔グラが用意されています。

性能差はありますが、自分のクラスでは使用できないタイプの魔法も敵から習得できたりしますので、あまりクラスの性能には拘らず、見た目で選んでしまって問題ないと思います。
ちなみに私は、右の欄のゲーマーアイコンにある魔術師グラにしましたw


RPGパートの基本的な流れは、

クエストを受ける → 敵とのバトル → 報酬を受け取る(ストーリーが進む)

といった感じですが、ストーリーを追っていくメインクエストだけでなく直接ストーリーには関係のないサブクエストがあったり、自分の城砦の拡張、敵の捕獲敵の魔法習得アイテム合成といったやりこみ要素もしっかり盛り込まれています。

敵との戦闘は、前述の通りパズルバトルになっているのですが、「ぷ○ぷよで4連鎖以上を中々狙って組む事ができないっ!」というレベルのへっぽこな私でも問題が無いくらい、やさしめの仕様となっておりますw

基本は任意選択した一つのジェムを、上下左右のいずれかに隣接しているジェムと入れ替えて「同じジェムを3つ以上もしくは横一列に並べて消す」という行動を交互に繰り返していき、魔法などを駆使して先に相手のHPを0にすれば勝ち、というシンプルなものです。

縦もしくは横ですので、

  ■
× ■■

↑のようなL字型では3個をくっつけたとは判定されません。あくまでも、縦もしくは横一列です。


ジェムには、以下の種類があります。

・マナジェム(と勝手に命名)
赤青黄緑の4色あるマナジェムは、ブレイクする(消す)と、魔力として自身にプールすることができます。
このプールされた魔力を使用して、各種魔法を発動することになります。

・ドクロジェム
通常ドクロと赤ドクロの二種類がありますが、消す際は混在してても構いません。(通通通でも、通赤通でも、赤赤赤でもok)
ブレイクすることにより、相手に直接ダメージを与える事ができます。
なお、通常ドクロが1ポイント、赤ドクロは5ポイントのダメージとなります(スキル初期値、ステータスアップ無しの状態)
相手の体力を0にすることが目的なので、ブレイクする事ができるかどうか、常に気を配っておきましょう。

・スタージェム
ブレイクすると経験値を獲得できます。
基本的に攻撃手段にはなりませんし、試合に勝てば経験価を獲得する事はできるので、あまり優先度は高くありませんが、より多くの経験値Getを目指すならば取っておきましょう。

・ゴールドジェム
ブレイクするとお金を獲得できます。
スタージェムと同じく、基本的に攻撃手段にはなりませんが、同じく沢山のお金をGetしたいならば狙っていきましょう。

・ワイルドカードジェム
特定条件を満たすと現れます。
マナジェムのいずれの色としても扱うことができるのですが、ドクロ・スター・ゴールドの代わりにはなりませんので注意。
また、ワイルドカードは記載されている倍率分の魔力を得ることが可能になります。×5とかになると一気にゲージMAXまで溜めることもできますので、積極的に狙っていきましょう。


今度はシステムです。

・4ジェムイレイス
一度に4つのジェムをブレイクすると、相手のターンに移らずに、続けてもう一度行動することができます。
4ジェムイレイスをし続ける限り「ずっと俺のターン!!!」ですw

・5ジェムイレイス
一度に5つのジェムをブレイクすると、4ジェムイレイスの様に続けて行動する事が可能な上、画面上にワイルドカードジェムが出現します。
一気に魔力を得るチャンスですので、見逃さないようにしましょう。

他にも、一定数連鎖かブレイクが条件だと思うのですが、スター何とかというシステムもありました。(一度しか見てないのでスミマセンw)

・マナ○○(またまたうろ覚えでスミマセン・・・)
ジェム交換でブレイクする事が全く出来なくなった場合に発生します。
自分・相手共にプールしていた魔力がゼロになり、新たなジェムが配置されて仕切りなおしになります。

・ペナルティ
ジェムを交換した際に、全くブレイクすることができなかった場合、ペナルティとして5ダメージ(3だったかも?)を受ける上、ターンが相手に移ります。
ただ、響き的に絶対避けなきゃダメなように聞こえるかもしれませんが、状況によってはあえてペナルティで相手にターンを移した方がいい場合もあります。
例えば前述の仕切りなおしですが、結構な確立で4ジェムイレースが狙える配置になることがあります。なので、わざと相手のターンで仕切りなおしさせるようにすれば、4ジェムイレースの絶好のチャンスを得る事ができるわけです。
まぁ、後述の魔法使用でターン終了させられればそちらの方がいいのですが、一応こういう使い方もできる、ということで。


戦闘パート説明の最後は魔法に関してです。

各魔法には「赤2青4」といった感じのコストが設定されており、コスト分のマナを消費して発動することができます。

基本的に魔法を使用する場合はジェム交換できずにターン終了となるのですが、一部魔法は続けて行動(もちろん魔法も可)することができます。

さらに、追加条件が設定されている魔法の場合、条件を満たしている状態で発動すると、さらなる効果を得る事ができます。
例えばファイアーボルトならば「プールされている赤マナが8あるごとにダメージが+1」、ヘイストならば「プールされている黄色マナが4あるごとに効果が1ターン延長」といった具合です。

なお、戦闘中に使用することができる魔法は6つだけです。
自分の戦闘スタイルにあった魔法をよく選んでおきましょう。

戦闘に負けても、(少なくとも現状では)勝敗記録以外に影響はなく、何度でも挑戦できますので、失敗を恐れずに挑戦をして、イレイスを立て続けにくらってウボァされて下さいw
逆に、こっちがイレイスしまくれれば気分はザ・ワールドですw
戦況にあわせた音楽もまたいい味を出してくれてます。

あと、ストーリー部分は細かい分岐が結構あります。
例えば、捉えた敵魔術師を牢獄にぶち込もうとしたところ、見逃してくれればいいこと教えるぜ、と取引を持ち掛けられたり、政略結婚させらる王女の護衛の際、情に流されて願いどおりに逃がしてやることも、キサマの事など知った事でわないわっ!!と、あっさり相手国に引渡したりすることも可能です。


最後に機種ごとの比較です。
XboxLive版はプレイした上での感想、PSP版は公式HPの写真+感想ブログの情報を、DS版は公式HPの写真と、恐らく対応しているであろうタッチペン操作を考慮した上でのものです。

・XboxLive版
画面が非常に綺麗。また画面モードは4:3と16:9の二種類から選べる
◎ロード皆無
値段が一番安い。(1200MSP=1800円)
○通信対戦に対応。また対戦ランキングもあり
△↑とはいっても、ユーザー数が少ないので、旬が過ぎると対戦できなくなる恐れあり。実績に対戦での勝利があるので、実績MAXを目指す方は注意。
×字がかなり小さい。また、枠内に文章が表示されきってない部分がたまにある。

・PSP版
◎携帯機なのでどこでも気軽にプレイ可能
レジューム機能はパズルゲーと相性よし
○パッケージ絵が良い(個人的に、ですがw)
△ロード時に演出が一瞬止まる
×ロード時に音とびがある。(旧型だけかもしれない、とのこと。真偽の程はわかりません)
×まれにフリーズする。(PSPの問題なのか、ゲームの問題なのかはわかりませんが、オートセーブですし、さほど影響はない模様です)

・DS版
◎PSPと同様に携帯機であること
タッチペン操作はかなり便利だと思われます
△値段が一番高い(といっても、2800円ですからPSP版の2600円と大差ないですが。)
△グラフィックは一番汚い(これも、×にするほどの事ではないかと)


ロード時間に関しては、PSP版でも全く気にならないとのことですので、PSP&DS両機種とも○項目に入ると思います。

フリーズは、まだ箱版では確認したことはありませんが、ゲーム的な問題の場合は全機種で出るでしょうから、PSP版独自のデメリットとは成らないかと思います。



箱のところで書いた文字の小ささは・・・正直かなりヒドいレベルです。パッチ当てて欲しいくらいです。
オブリビオンよりさらに醜い、と言えば、どれだけ酷いかお分かりいただけるかとw
なので、基本的にはPSP版かDS版をオススメしたいと思います。
ただ、パッチさえ当たれば、最安値&ライブ対戦がウリなXboxLive版も選択肢に含めていただいて構わないかと。
・・・まぁ、まず無いでしょうけどねw

とりあえず実績解除目的も兼ねてこのまま箱版でプレイしちゃいたいと思いますが、そのうちPSP版あたりを買うカモしれません。
そしたら、さらに詳細な比較レビューもしてみます。

どんなゲームなのかもっと知りたいぜ!という方は、公式ページでPC版の体験版がありますので、そちらをプレイしてみて下さい。
また、箱所有者は、Live作品ですので当然お試し版があります。
どれだけ字が見辛いか、一度試してみて下さいw


スポンサーサイト
別窓 | XBOX360 | コメント:0 | トラックバック:0
<<今回はゲーム外の話題 | 復刻 素人の独り言 | 何かと話題が尽きない今日この頃>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 復刻 素人の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。