主にゲームに関する話題を取り上げる、チラシの裏的ブログです。


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
カルドサーガに向けて その2
2006-10-02 Mon 23:10
箱360を置くための場所確保のため、少し部屋を掃除してました。
そしたら、紛失していたPOLのIDとパスが出てきてしまいましたw
ミッションとかやる気はないのだけど、
チャットだけやりに久々にヴァナに戻るかもしれない予感。

■三日ぶりにカルドのお話です。

前回は1→2の際のシステム面の変更について説明したので、
今日はカードの能力に関してご説明します。

1:復帰
「ブックに復帰」と「手札に復帰」の二種類があり、
その名の通り、それぞれ使用後にブックもしくは手札に戻ります。
ブーメラン(ST+20/HP+10:手札に復帰)とか、地味にイヤらしいです。

2:領地能力
クリーチャーが使用するスペルみたいなものです。
例えば「領地能力(20):対象のクリーチャーに10ダメージ」
と記載されている場合、
そのクリーチャーが配置されている土地の領地コマンドが使用可能な状態の時
(つまり、配置されてる土地を通過/停止時か、城/砦停止時
括弧内のコストを支払うことにより、領地能力(この場合は対象のクリーチャーに10ダメージを与える)を使用することができます。
カードに記載が無い限りは、特にそのクリーチャーが死ぬ事も無く、領地コマンドが使用可能になる度に何回でも使用する事ができます。

3:アイドルの追加
もちろん、箱360で発売予定のアイドル○スターとは関係ありません。
配置すると、全てのクリーチャーもしくはセプターに常時影響を及ぼす効果をもったクリーチャーの事です。
例えば、「全ての防御クリーチャーは先制を得る」とか、
「全てのセプターはターン開始時に2枚カードを引く」とか、
「レア度Sのカードは1.5倍、レア度Rのカードは2倍コストがかかるようになる」
などなど、便利なものからビミョーなものまで揃っております。


仕様レベルで追加されてるのは、こんなとこです。
あとはカード個別の能力って感じになります。

次回は、現状でわかってる範囲内での、カルドセプトサーガのカード紹介なんかをしてみようかなとか思ってたりします。

スポンサーサイト
別窓 | カルドセプト | コメント:0 | トラックバック:0
<<ど、ど、どっちにしようぜ? | 復刻 素人の独り言 | P3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 復刻 素人の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。