主にゲームに関する話題を取り上げる、チラシの裏的ブログです。


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
このメーカー容赦せん!
2007-06-09 Sat 09:48
今日のタイトル、元ネタ分かったアナタはステキすぎます。

てか、先日の「ネタブックを~」は、かの有名なアーチャーの台詞からとったつもりだったんですが、思いっきり逆だったことに今更気付きました・・・
(正しくは、「時間を稼ぐのはいいが、別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」でした。)

すみません、ちょっと理想を抱いて溺死してきます・・・ orz


■タイガーころしあむ「特盛限定版」の情報公開
詳細記事はこちら

シークレット部分はドラマCDでしたか。
価格はちょっと予想の斜め上を行く、通常版+3000円程のようで。
ドラマCDの内容次第とは言え、正直ちょっと高いですね。
まぁ、買うわけですがw

あと、藤ねぇ主役といっておいて、パッケ絵がセイバーオンリーなのはどうかと思います。
まぁ、買うわけですがw


というわけで、前回の続き、タイガーころしあむってどうなんよ?でございます。
今回は開発担当のキャビアに関して少々。

以前にこのブログでも何度か取り上げた、バレットウィッチ(Xbox360)以外に、ドラッグオンドラグーンシリーズやヤンガスの不思議なダンジョン(いずれもPS2)なんかの開発に携わっています。
各作品の販売元を見てみると、スクエニやバンナム、コナミ等、色々なメーカーの名前が挙げられています。
カプコンとも、「BEAT DOWN」(PS2/Xbox)という作品で、過去に一度関係があったようです。

私はバレットウィッチだけプレイしたことがありますが、実際にやって「コイツら、楽しんでゲーム創ってやがるなっ!!」って感じました。
そのことは、公式HPのブログを見てもらえればよく分かるかと。
バグ満載、売ったモン勝ち、問題点は全部「仕様です」なぶっとびメーカーが多い中、「作り手の側の自分たちも楽しみながらゲームを作る」ことができる連中の存在は本当に貴重かと。

無論、バレットウィッチは販売元が親会社(のようなもの)だったため、かなり好き勝手にやれたということもあるでしょうし、ブログを見る限り、会社の規模は小さいとは言え開発チームは一つじゃないでしょうから、完全に別チームになると「これ、どこの合体事故で出来た麻婆だよ?」な出来の危険物が誕生する恐れも無きにしも非ずですが。

とまぁ、毎度ながら要領を得ない文章になってしまいましたが、
要は「コイツらなら、きっとファンが楽しめる作品を作ってくれる!」と期待している次第でございます。

スポンサーサイト
別窓 | Fate | コメント:0 | トラックバック:0
<<逝くぞ転売ヤー、限定版の貯蔵は十分か? | 復刻 素人の独り言 | タイガーころしあむって、どうなんよ?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 復刻 素人の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。